【ゲームクリエイターになるには】ゲームのプログラミング、どの言語を勉強するのがいい?   沖縄 ゲーム 就職 学校


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ifla/www/w15/blog/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

G0601.jpg

ゲームに使われるプログラム言語にはどんなものがある?

プログラムとは、ゲームを制作するうえで、その構造の根本にあたる部分を担うものです。「スタートボタンを押したらメニュー画面を開く」「セーブの項目が選択されたら、現在のデータを保存する」といった動作もプログラムによって指定されます。プログラムがなければ、ゲームが動作することはありません。

それだけ重要なものであるプログラムを構築するゲームプログラマーは、ゲーム制作チームの中でも花形と呼べる存在です。そのプログラムをつくる言語の数は非常に多く、「C言語」や「JAVA」といった一般的に認知度の高いものから、「Haskell」、「Python」、「Ruby」など聞き慣れないものまであります。そのため、手始めになにを勉強すればいいかわからないという方もいるでしょう。

それぞれの言語の特徴を知っておこう

プログラミング言語には、それぞれ得意な動作や特徴があります。自分の目的に合った言語を選んで勉強するためにも、覚えておきましょう。

・処理速度を考えたプログラム言語
ゲームプログラムに用いる言語では、時間当たりの処理速度が何よりも大切です。せっかく没頭していたのに、突然処理落ちしてカクカクした動作をするようなゲームでは、プレイヤーも興ざめしてしまいますよね。そこで、よく利用されるのがC言語やC++といったプログラム言語。これらは、処理速度が速い上に、ハードウェアの制御も担当できるのが特徴です。

・インターネット環境も考慮した言語
現在は、インターネットにゲーム機を接続したり、スマートフォンやパソコンを用いたりしてオンラインでゲームを楽しむのが当たり前の時代。マルチプレイや、対人戦など幅広いジャンルのオンラインゲームが開発されています。JAVAやC#などの言語は、ネットワークを活用したプログラムを組むのに最適化された言語です。スマートフォン向けのゲームにはもちろん、ゲーム機のネットワーク利用部分についても担当しています。

・プラットフォームやジャンルによっても違う言語
プラットフォームごとに、使える言語には制約があるため、ハードウェアによって言語を使い分けるのが現在の開発現場の基本です。例えば、iOSはObjective-CやSwift、AndroidではJAVAといったようにメインの制作環境は異なります。自身の携わる現場によっても、習得しなければならない言語は変わってくるといえるでしょう。

どの言語から勉強を始めるのがいいの?

このように見てみると、一つのゲームを作るためには、いくつものプログラム言語が使用されていることがわかるでしょう。また、ゲームを構成する複数のプログラムを統合・制御する言語も必要となります。その役割を果たしているのが、先程もご紹介したC言語やC++です。

これからプログラミングを勉強するのであれば、こうした理由からC言語やC++から勉強していくのがおすすめです。特に、C言語は他のプログラミング言語の基礎になっており、新しい言語を覚えるときにも役に立つ言語として知られています。将来、幅広い言語の習得を目指すならば、ぜひマスターしておきましょう。

 

ゲームを作りたい!ゲームの勉強がしたい方は☆こちら☆

 

 

>>詳しい情報が満載!資料請求(無料)は★こちら★

総合学園ヒューマンアカデミー那覇校は、沖縄県那覇市にある「声優」「マンガ・ゲーム」「音楽」「スポーツ」専門の学校です。
声優・俳優・タレント・歌手・ボーカル・音楽・アニソン・アニメ・CG・映像・マンガ・イラスト・デザイン・キャラクター・広告・WEB・ゲーム・プログラム・IT・企画・シナリオ・スポーツトレーナー・インストラクター・コーチ・体育教師などが目指せます。
毎日通う全日制のほか、夜間・週末などに学ぶコースもあります。

 

沖縄 声優|沖縄 マンガ|沖縄 ゲーム|沖縄 アニメ|沖縄 スポーツ|沖縄 ミュージック|学生が運営するWEBサイト

ちょっと質問してみたい!オープンキャンパスの最新情報が欲しい!