【ゲームクリエイターになるには】ゲームグラフィッカーになるには?第5話 ゲームグラフィッカーの資格5選  沖縄 ゲーム 学校 就職


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ifla/www/w15/blog/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

G0405.jpg

ゲームグラフィッカーにおすすめの資格がある、ということをご存じですか? 「クリエイターであるゲームグラフィッカーに資格なんてあるの?」と考えてしまう人もいるかもしれませんが、デザインに関わる人間として自分の技能をアピールするために、資格は有効です。

今回は、ゲームグラフィッカーを目指すならぜひとも取得しておきたい資格を紹介します。

オススメの5つの資格

以下に紹介する資格は、いずれも受験資格がありません。つまり年齢などに関わらず、知識とスキルさえあれば誰でも取得することができますよ。

Photoshop®クリエイター能力試験

Photoshopの技能を証明する資格です。試験は難易度別にスタンダードとエキスパートの2つがあります。合格率も比較的高く、費用も高額すぎるわけでもないので、まずはこの資格から狙ってみるのが良いでしょう。

Illustrator®クリエイター能力認定試験

「Photoshop®クリエイター能力試験」のIllustrator版です。こちらはPhotoshopと比べて少々合格率が低くなっていますが、決して難しくはありません。Photoshopと併せて取得することをオススメします。

カラーコーディネーター検定試験®

色の性質や特性など色彩についての知識量を証明する資格です。取得のために学ぶ知識は非常に実践的で、建築家・美容師・服飾に関わる職業の方などがこの資格を取得しています。ただし、2級以上はかなりの難易度になり、1級ともなると合格率は2割から3割程度です。受験する場合は心してかかりましょう。

色彩検定

「カラーコーディネーター検定試験®」と似た試験内容ですが、こちらは全体的にファッション寄りの内容と言えます。やはり2級以上が非常に難しく、1級は試験が1次・2次と2回に分かれています。

CGクリエイター検定

CGデザイナー・CGアニメイター向けの資格です。デッサンや色の使い方などの基礎教養から、2Dデザイン・3Dデザイン、知的財産権やプロダクションワークなどの予備知識まで、広範囲から出題されます。ベーシックの合格率は高いですが、エキスパートは難易度が高く、合格率は3割〜5割程度となっています。

資格が全てではないが、自分をアピールしやすくなる

資格は「自分はこのくらいのことができますよ」ということを分かりやすくアピールするための手段です(自分のスキルと実力の程度を具体化してくれます)。資格があればゲームグラフィッカーになれるわけではありませんが、就職活動や案件の契約を取るのが楽になりますよ。実力試しにとってみるのも良いでしょう。

 

ゲームを作りたい!ゲームの勉強がしたい方は☆こちら☆

 

 

>>詳しい情報が満載!資料請求(無料)は★こちら★

総合学園ヒューマンアカデミー那覇校は、沖縄県那覇市にある「声優」「マンガ・ゲーム」「音楽」「スポーツ」専門の学校です。
声優・俳優・タレント・歌手・ボーカル・音楽・アニソン・アニメ・CG・映像・マンガ・イラスト・デザイン・キャラクター・広告・WEB・ゲーム・プログラム・IT・企画・シナリオ・スポーツトレーナー・インストラクター・コーチ・体育教師などが目指せます。
毎日通う全日制のほか、夜間・週末などに学ぶコースもあります。

 

沖縄 声優|沖縄 マンガ|沖縄 ゲーム|沖縄 アニメ|沖縄 スポーツ|沖縄 ミュージック|学生が運営するWEBサイト