【ゲームクリエイターになるには】ゲームグラフィッカーになるには?第1話 ゲームグラフィッカーってどんな仕事?   沖縄 ゲーム 就職 学校


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ifla/www/w15/blog/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

G0401.jpg

「ゲームグラフィッカー」という言葉を聞いたことがある人は多いかもしれません。しかし、ゲームグラフィッカーが、なにを目的に仕事をしていて、具体的にどんなことをしているか、漠然としか知らない人もいるのではないでしょうか?

今回のコラムではゲームグラフィッカーとはどんな仕事なのかを紹介していきます。

ゲームグラフィッカーはゲーム制作の花形!

ゲーム制作はチーム作業です。さまざまな職人たちが集まってひとつのものを作りあげていくわけですが、グラフィッカーがいないと、言葉通り「ゲームがカタチにならない」のです。それはどういうことかと言うと……。

ゲームの「見た目」を作る職業

ゲームグラフィッカーという職業は、そのゲームの画像・映像・特殊効果などの「見た目(グラフィック)」に関わるものを制作していきます。こうしたグラフィックはゲームの顔ですから、ゲームグラフィッカーの責任は非常に重大です。プレイヤーの第一印象が「このゲーム、すごいグラフィックだなー! キャラもめちゃかわいい!」になるか、「グラフィックもショボイし、シナリオの雰囲気に合ってない。どこかで見たようなキャラばっかり……」になるかは、グラフィッカーの腕次第ということです!

制作するものは多岐にわたる

ゲームグラフィッカーが手がけるものは幅広く、ゲームの背景やキャラクターはもちろん、タイトル画面のロゴやムービー、バトルのエフェクトなど多岐にわたります。もちろん実際の現場では、それぞれの専門分野ごとにグラフィッカーが用意されています(キャラデザイン専門のグラフィッカー、背景専門のグラフィッカーなど。小さい会社の場合、複数の分野を1人のグラフィッカーが担当することも多い)が、どの分野を担当するにせよ、デザインに関する多くの知識と深い技術が求められます。

デザイン・クリエイターとして最高のやりがいを感じられる仕事

ゲームグラフィッカーは、自分のデザインセンスをフルに発揮する仕事です。専門的なデザインスキルを求められますし、いろいろな範囲に深く関わる大変な仕事です。しかし、経験を積めばゲームのグラフィックすべてに責任を負う立場になることもあります(いわゆるアートディレクションなど)。いずれにせよ、自分がデザインしたものがゲームの「顔」となり、プレイヤーを楽しませるわけです。大きなやりがいを感じられることは間違いありません!

 

ゲームを作りたい!ゲームの勉強がしたい方は☆こちら☆

 

 

>>詳しい情報が満載!資料請求(無料)は★こちら★

総合学園ヒューマンアカデミー那覇校は、沖縄県那覇市にある「声優」「マンガ・ゲーム」「音楽」「スポーツ」専門の学校です。
声優・俳優・タレント・歌手・ボーカル・音楽・アニソン・アニメ・CG・映像・マンガ・イラスト・デザイン・キャラクター・広告・WEB・ゲーム・プログラム・IT・企画・シナリオ・スポーツトレーナー・インストラクター・コーチ・体育教師などが目指せます。
毎日通う全日制のほか、夜間・週末などに学ぶコースもあります。

 

沖縄 声優|沖縄 マンガ|沖縄 ゲーム|沖縄 アニメ|沖縄 スポーツ|沖縄 ミュージック|学生が運営するWEBサイト