【声優になるには】練習すれば出せる?高い声の出し方って?  沖縄 声優 学校 デビュー


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ifla/www/w15/blog/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

S0606.jpg

「高い声が出せない! 高音で演技できない!」という悩みを抱える方は多いと思います。特に男性には顕著ですよね。声は生まれながらのものだから、高音は出せないのでは、と諦めるのは早いですよ。練習を詰めば、高音も確実にモノにすることができます。

高音を出すための練習法

練習によって高音を出せるようになることは事実ですが、数回・数日練習しただけで、即座に高音を出せるようになるわけではありません。何事もそうですが、継続して練習する必要があります。高音の声を出したい方は、以下の練習法を参考にがんばってみてくださいね!

腹式呼吸を利用する

高音が出ない人や苦手な人は、「声量が少ない」「息の量が少ない」という共通点を持っています。これを改善するには、腹式呼吸が有効です。ご存知の方も多いと思いますが、腹式呼吸は背筋・腹筋・横隔膜を利用して行う呼吸法で、声を使った仕事をする人のほぼ100%がこの呼吸法を習得しています。腹式呼吸は通常の呼吸と比較すると、生み出せる息の量が多い=声量をしっかり確保できることが特徴です。声量が確保できれば、声のコントロールも容易になりますから、高い音でも安定して出せるようになりますよ。

ファルセット(裏声)で歌う

ファルセットで声を出したり、演技をしたり、歌ってみたりしましょう。始めたばかりのころはごく小さい声しか出ないかもしれませんが、徐々に慣れていき、しっかりとした裏声を出せるようになるはずです。コツは、体全体をリラックスさせ、腹式呼吸を使って息をたっぷり使うこと。ファルセットをしっかりと出せるようになったころには、声帯などの発声に使う筋肉が鍛えられ、体の力みもある程度は取れているはず。必然的に、以前より高音が出しやすくなっているはずですよ。

リップロールでコツをつかむ

リップロールは、ボイストレーニングなどでおなじみですよね。脱力して唇を閉じ、息を前方に吹き出すイメージで「プルプルプルプル……」と唇を震わせる練習法です。この練習法を行うことで、発声に適した全身の脱力、喉を開いての発声法などを習得することができます。リップロールに慣れてきたら、裏声を使って練習してみましょう! 効果はさらに倍増するはずです。

キーワードはリラックス

高い声を出すために必要なのは、なによりもリラックスすることです。「いやいや、リラックスしてるってば!」という声が聞こえてきそうですが、ふだんどれだけ意識してリラックスしていても、発声の瞬間はどうしても緊張してしまうもの。声帯などの上半身の筋肉が硬くなっていては、高い声が出るはずもありません。本コラムでご紹介した練習をくり返せば、リラックスして発声できるようになるはずです。もし、手っ取り早く高音の声を手に入れたいのであれば、スクールで専門的な知識や発声法をみっちりと学ぶのが近道です。

 

声優の勉強がしたい!声優になりたい方は、★こちら★

総合学園ヒューマンアカデミー那覇校は、沖縄県那覇市にある「声優」「マンガ・ゲーム」「音楽」「スポーツ」専門の学校です。
声優・俳優・タレント・歌手・ボーカル・音楽・アニソン・アニメ・CG・映像・マンガ・イラスト・デザイン・キャラクター・広告・WEB・ゲーム・プログラム・IT・企画・シナリオ・スポーツトレーナー・インストラクター・コーチ・体育教師などが目指せます。
毎日通う全日制のほか、夜間・週末などに学ぶコースもあります。

沖縄 声優|沖縄 マンガ|沖縄 ゲーム|沖縄 アニメ|沖縄 スポーツ|沖縄 ミュージック|学生が運営するWEBサイト|http://h78w.com/blog/