【声優になるには】自宅でできる! 声優の練習におすすめのスマホアプリ6選  沖縄 声優 デビュー 学校


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ifla/www/w15/blog/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

S0402.jpg

自宅ででもできる! 声優の練習におすすめのスマホアプリ6選

声優の練習にうってつけのスマホアプリがあることをご存知ですか?
もちろんスマホアプリでは、専門校に通って学ぶような専門的かつ本格的な練習はできません。一方で、ちょっとした隙間時間を利用して練習したり、専門校で習ったことを復習したりするときなどに、スマホアプリは最適です。

声優を目指すあなたを助けるアプリたち

今回は、声優のトレーニングに使えるスマホアプリを6つ紹介していきます。それぞれコンセプトが異なるので、ひととおりダウンロードして実際に使用してみるのが良いでしょう。

あなたの音域測定します

その名の通り、自分の声の音域を測定できるアプリです。最高音、最低音を把握することはもちろん、自分の声が平均より高いか低いかも教えてくれます。
https://itunes.apple.com/jp/app/anatano-yin-yu-ce-dingshimasu/id587260960?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

声優目指して あふれこ!AR

オリジナルアニメの登場人物のアフレコができるアプリです。自分がアフレコしたアニメをYouTubeやニコニコ動画などの動画サイトにアップロードすることも可能なので、自分の声質や演技について他人の意見を集めることもできます。
https://itunes.apple.com/jp/app/sheng-you-mu-zhishite-afureko!ar/id470150392?mt=8

ドレミボイストレーニング

ピッチを保つ練習ができるアプリです。自分の声が本来の音からどれほどずれているのか、合っているのかを、視覚的に確認できます。
https://itunes.apple.com/jp/app/doremiboisutoreningu/id456486477?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

コエトレ – 発声練習帳 –

発音・発声・腹式呼吸などを練習できるアプリです。早口言葉や、以前のコラムで紹介した外郎(ういろう)売りなども幅広くカバーしています。このアプリがひとつあれば、広範囲のボイストレーニングができるでしょう。
https://itunes.apple.com/jp/app/koetore-fa-sheng-lian-xi-zhang/id420341258?mt=8

潜入ゲーム1st Story 〜サウンドドラマ〜

あなたが登場人物のひとりになって、セリフを収録しながら進めていくゲームです。出演している声優陣はとても豪華で、まるで自分がプロの声優として共演している感覚を味わえますよ! 演技力向上に最適なゲームですね。
https://itunes.apple.com/ja/app/qian-rugemu1st-story/id907047932?l=ja&ls=1&mt=8

滑舌チェッカー 無料版

自分の滑舌がどの程度なのか、正確に発音できているのかをチェックするアプリです。精度はさほど高くありませんが、暇つぶしがてらに滑舌を確認できますよ。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.yuki.ochi.katsuzetsu.free&hl=ja

声優の練習ができるアプリは意外に多い

探してみると、声優のトレーニングを積めるアプリはたくさん存在します。せっかくスマートフォンが発達した現代ですから、アプリはどんどん活用していきましょう。ただし、アプリに頼りきりになるのは禁物ですよ。正しい知識と技術を学ぶためにも、専門校などでの学習・練習をメインと考え、アプリは補助的に使ってくださいね!

声優の勉強がしたい!という方はこちら

>>詳しい情報が満載!資料請求(無料)は★こちら★

総合学園ヒューマンアカデミー那覇校は、沖縄県那覇市にある「声優」「マンガ・ゲーム」「音楽」「スポーツ」の専門校です。
声優・俳優・タレント・歌手・ボーカル・音楽・アニソン・アニメ・CG・映像・マンガ・イラスト・デザイン・キャラクター・広告・WEB・ゲーム・プログラム・IT・企画・シナリオ・スポーツトレーナー・インストラクター・体育教師などについて学べます。
毎日通う全日制のほか、夜間・週末などに学ぶコースもあります。